Rightship webiner
 印刷 2022年06月30日デイリー版2面

BALコンテナライン。1.4万TEU型最大4隻発注。江南造に、船腹量2.5倍へ

 中国・楽船集団傘下の船会社BALコンテナラインは、中国船舶集団(CSSC)グループの江南造船に1万4000TEU型コンテナ船2隻プラス・オプション2隻を発注したようだ。確定分2隻は2025年半ばに竣工予定。BALの運航船は小型コンテナ船が多く、現在の船腹量は仏海事調査会社アルファライナーによると用船を含めて2万411TEU。新造船2隻が竣工すれば、運航規模が一気に2・5倍に拡大する格好だ。… 続きはログインしてください。

残り:471文字/全文:666文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む