Rightship webiner
 印刷 2022年06月28日デイリー版1面

知床観光船事故】国交省、安全確保違反 罰則を強化。小型旅客船、懲役刑導入も

 国土交通省は24日夕、北海道・知床半島沖での観光船沈没事故を踏まえた事故対策などを話し合う第5回「知床遊覧船事故対策検討委員会」(委員長=山内弘隆・一橋大学名誉教授)を同省内で開いた。国交省は小型旅客船が海上運送法に基づく安全確保命令に違反した場合の罰則(行政処分)を強化し、罰金額の引き上げや懲役刑、法人重課の導入などを検討する方針を示した。現行制度では安全確保命令違反の罰則が罰金100万… 続きはログインしてください。

残り:447文字/全文:640文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む