Rightship webiner
 印刷 2022年06月28日デイリー版1面

日本郵船、比国の社会課題を解決。教育や環境、若手船員が抽出

 日本郵船グループはフィリピンで同国の社会課題の解決に向けた取り組みを積極化している。日本郵船がフィリピンのパートナーと共同で運営する商船大学「NYK―TDGマリタイムアカデミー」(NTMA)を卒業した若手船員が中心となり運営されるNGO(非営利組織)「IMO―ASTIG」が、同国の社会課題を抽出。日本郵船グループはIMO―ASTIGの活動を支援する形で、教育格差の是正や環境回復プロジェクトなどを… 続きはログインしてください。

残り:1870文字/全文:2066文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む