Rightship webiner
 印刷 2022年06月27日デイリー版1面

商船三井、26年 ゼロエミ第1船。三井E&S・常石と開発。アンモニア燃料

 商船三井と常石造船、三井E&S造船の3社は24日、アンモニアを燃料とする外航液化ガス輸送船の建造に向けた共同開発を開始したと発表した。貨物として積載するアンモニアの一部を燃料として使用し、航海中のCO2(二酸化炭素)排出量ネットゼロを実現。商船三井が「環境ビジョン2.1」で目標とするネットゼロ・エミッション外航船の1番船として、2026年ごろの竣工・運航開始を予定する。アンモニアは燃焼時に… 続きはログインしてください。

残り:374文字/全文:569文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む