ドローンの利活用の現状-想定される海事業界への影響の考察-
 印刷 2022年06月24日デイリー版2面

総会】舶用機関整備協会、新会長に冠氏

 日本舶用機関整備協会は22日、東京都内で第11回定時総会、臨時理事会を開き、新会長に冠康秀副会長(今治ヤンマー社長)を選出した。荒井誠二会長(テック両羽会長)は顧問に就任した。同協会は舶用機関整備技術者に対して講習会や資格検定試験を実施し、業界全体の技術レベルの向上に努めている。総会終了後の懇親会であいさつに立った冠新会長は、主力事業の一つ、日本財団助成事業の舶用機関整備士の資格検定の実施… 続きはログインしてください。

残り:202文字/全文:395文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む