ドローンの利活用の現状-想定される海事業界への影響の考察-
 印刷 2022年06月23日デイリー版3面

全ト協、リクルートと協働。業界初、全国の求人一斉検索

 リクルートと全日本トラック協会(全ト協、坂本克己会長)はこのほど、採用活動のデジタル化と、雇用のマッチング強化を進めるため、協働することを発表した。15日からリクルートのサービス「Air(エア)ワーク採用管理」を活用し、トラック業界初となる全国の求人情報を一気に検索できるスキームを構築する。

 今回の協働でリクルートは、自社のHR―techサービスと人材ソリューションのノウハウを提供。運送業界全体の採用業務デジタル化を進める。

 「Airワーク採用管理」では、会員事業者が自社の採用ページを作成できるほか、求人掲載や応募者受け付け・管理などのサービスを無料で利用できる。同サービス上で求人情報を公開すると、リクルートグループが運営する「Indeed(インディード)」や他検索エンジンにも自動で掲載されるという。

 全ト協も採用関連のLP(ランディングページ)を開設予定。このLPには、各事業者が作成した採用情報のリンクを都道府県ト協ごとにまとめた一覧を掲載する。

 このほか国土交通省がトラックドライバーを目指す女性を応援する「トラガール促進プロジェクト」とも連携し、幅広いトラック運送の求職者が一気に情報検索できる仕組みを作る。