ドローンの利活用の現状-想定される海事業界への影響の考察-
 印刷 2022年06月23日デイリー版1面

日本郵船株主総会、環境船45隻整備。長澤社長、ESG経営根幹に

 日本郵船は22日、東京都内のホテルで定時株主総会を開催し、全議案を可決した。総会で長澤仁志社長=写真=は2021年度の業績が過去最高益になったことを受けて、年間配当金が1450円になったことを報告した。グループとして対処すべき課題として、ESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みや中期経営計画の着実な遂行、順法の徹底―この3項目を列挙。2050年までの外航海運事業でのGHG(温室効果ガス)ネッ… 続きはログインしてください。

残り:640文字/全文:836文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む