0629webinar_aoki
 印刷 2022年06月23日デイリー版4面

貿易手続きとインフラ構造改革】(98):国際ロジスティクスアドバイザー・平田義章、改革の方向性 13.、海上コンテナの内航フィーダー(1)

 わが国のコンテナ貨物のアジアにおける主要トランシップ(TS、積み替え)港は、釜山、シンガポール、香港、上海などである。そのうち釜山港でのTSは2020年実績で171万TEUに達し、わが国の外貿コンテナ貨物量に国際フィーダー貨物量を加えた計1799万TEUの約10%を占めている。171万TEUをわが国港湾の順位に置き換えると、5位の大阪港に次いで6位になる(表参照)。そして、釜山TSの奪還は、その… 続きはログインしてください。

残り:926文字/全文:1122文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む