ドローンの利活用の現状-想定される海事業界への影響の考察-
 印刷 2022年06月22日デイリー版3面

データマインまとめ、日本発北米5月、12%増の6万1808TEU。コロナ禍前以来、荷量回復鮮明に

 米デカルト・データマインがまとめた5月の日本発北米向け(北米東航)コンテナ貨物量(荷受地ベース)は、前年同月比12%増の6万1808TEUとなった。日本発北米向けが単月で6万TEUを超えるのは、コロナ禍前である2019年7月以来。また過去10年で6万TEU超を記録するのは3回目で、貨物量の回復基調が鮮明になっている。日本発北米向け全体に占める海外トランシップ(TS、積み替え)比率は42・5%とな… 続きはログインしてください。

残り:397文字/全文:591文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む