ドローンの利活用の現状-想定される海事業界への影響の考察-
 印刷 2022年06月22日デイリー版2面

竣工】JMU有明、VLCC「ENEOS ENDEAVOR」

 ■JMU有明 VLCC「ENEOS ENDEAVOR」 ジャパンマリンユナイテッド(JMU)は17日、有明事業所(熊本県長洲町)で建造していたAPUS LINE SHIPPING向けVLCC(大型原油タンカー)「ENEOS ENDEAVOR」=写真=を引き渡したと発表した。同船は、JMUが豊富な建造実績を持つマラッカマックス型VLCCの次世代船。2013年1月の同社発足後、初めて開発し… 続きはログインしてください。

残り:182文字/全文:353文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む