ドローンの利活用の現状-想定される海事業界への影響の考察-
 印刷 2022年06月22日デイリー版2面

国交省幹部人事、港湾局長に堀田氏。高橋海事局長は留任。海保長官・石井氏

 政府は21日の閣議で、国土交通省の山田邦博事務次官が退任し、後任に旧運輸省出身の藤井直樹国土交通審議官を充てるなどの国交省幹部人事を決定した。藤井氏は自動車、鉄道両局長、官房長などを歴任。浅輪宇充港湾局長の後任には堀田治・中部地方整備局長、奥島高弘海上保安庁長官の後任には旧運輸省出身の石井昌平海保庁次長がそれぞれ就く。昨年7月に就任した高橋一郎海事局長は留任する。この人事は28日付で発令される。… 続きはログインしてください。

残り:472文字/全文:672文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む