ドローンの利活用の現状-想定される海事業界への影響の考察-
 印刷 2022年06月21日デイリー版1面

米金利上昇、ドル融資を圧迫。固定用船料、円転換できず

 米金利が上昇していることで、金融機関からドル借入をしている一部の船主に金利上昇のマイナス懸念が浮上する可能性がある。日本船主は一般的に円借入が主流だが、ドル収入に対するリスクヘッジのためにドル融資を受けているケースも少なくない。定期用船やBBC(裸用船)などで用船料が固定している場合、ドル金利の上昇は船主のコスト上昇要因になる。米連邦準備理事会(FRB)は15日、政策金利の0・75ポイント… 続きはログインしてください。

残り:765文字/全文:958文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む