ドローンの利活用の現状-想定される海事業界への影響の考察-
 印刷 2022年06月20日デイリー版2面

国内船主の今】(318)一粒で2度おいしい戦略。中型BC投資、慎重な邦船オペ

 「邦船オペレーター(運航船社)は新造船の発注のタイミングを逸してしまったのではないか」■海外船社の思惑 15日、電話取材に応じた海運ブローカーが静かに話した。5月にかけて欧州船社、ギリシャ船主、香港船主の来日ラッシュが続いたのは周知の通り。大半が今月上旬にギリシャで開催された「ポシドニア海事展」への地ならし、という雰囲気だったが、実際に日本船主と用船交渉を行ったケースも少… 続きはログインしてください。

残り:1535文字/全文:1721文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む