0629webinar_aoki
 印刷 2022年06月17日デイリー版3面

日本通運、医薬品国際輸送で新サービス。容器再利用でCO2削減

 NIPPON EXPRESSホールディングス傘下の日本通運は16日、輸送容器の開発・製造を手掛ける仏アンバリゾと連携し、医薬品向けの国際航空輸送サービスの販売を開始したと発表した。アンバリゾの再利用可能なパッシブ型(非電源型)温度管理容器と日通の国際航空輸送を組み合わせることで、サプライチェーンのCO2(二酸化炭素)排出量削減に貢献する。日通は、アンバリゾと日系物流企業として初めて連携し、… 続きはログインしてください。

残り:296文字/全文:489文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む