ドローンの利活用の現状-想定される海事業界への影響の考察-
 印刷 2022年06月13日デイリー版2面

国内船主の今】(317)ポシドニア後の再交渉。高値成約の有無、船価の行方握る

 「次の焦点は“ポスト・ポシドニア、ビフォー・サマー”といったところだ」 梅雨入りを感じる7日午後、霧雨の東京都内。大手町のカフェで海運ブローカーがキーワードを冗談めかして言った。■海外オペの来日再び 先週6―10日の1週間、ギリシャの首都アテネで開かれた世界最大級の国際海事展「ポシドニア」。世界の有力船主、オペレーター(運航船社)、造船所、舶用メーカーなどが4年ぶりに集結し、会場に… 続きはログインしてください。

残り:1935文字/全文:2126文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む