ドローンの利活用の現状-想定される海事業界への影響の考察-
 印刷 2022年06月02日別版特集2面

横浜港特集】横浜港、国際競争力強化へ。コンテナ施設の整備進む。環境対応も本格化

 横浜港は1859(安政6)年の開港から、日本を代表する国際貿易港として日本の近代化をけん引し、現在も国民生活や経済活動を根底から支える総合港湾として発展し続けている。現在横浜港の周辺には港湾物流を円滑にする港湾関連産業をはじめ、港湾機能を利用する製造業が集積。それに加え、港の立地やイメージを生かした観光・レジャー施設なども立地し、そこに人々が集うことで経済の好循環が生まれている。この… 続きはログインしてください。

残り:4756文字/全文:4948文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む