0629webinar_aoki
 印刷 2022年05月31日デイリー版4面

記者の視点/梶原幸絵】上海都市封鎖の影響拡大、物流「冗長化」でリスクに備えを

 中国・上海のロックダウン(都市封鎖)長期化の影響が広がっている。2カ月余りの間、港湾と空港の稼働率は落ち、国内の陸送は停滞。中国の各地で防疫措置が強化されたこともあり、機能不全ともいえる状態に陥った。    ◇ 上海市政府は6月1日から企業の生産活動を全面的に認める方針を示し、徐々に規制を緩和している。倉庫の稼働再開も増えているようだ。交通運輸部も先週の会見で、物流機能の回復を強調した… 続きはログインしてください。

残り:1132文字/全文:1325文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む