Rightship webiner
 印刷 2022年05月30日デイリー版2面

市況2022】ケープサイズ軟化、航路平均2.8万ドル。FFA下落影響か

 鉄鋼原料を輸送する18万重量トン級ケープサイズバルカーのスポット用船市況が下げ足を速めている。26日付の主要航路平均値は日建て2万8840ドルで、1日で4229ドル下落した。ケープ市況は23日付で3万8169ドルを付けて以降、3営業日で約1万ドル下落。邦船社の担当者は「FFA(運賃先物取引)が弱含んでおり、それに現物が引っ張られた可能性もある」と語る。FFAはスポット用船市況の先行指標にも… 続きはログインしてください。

残り:263文字/全文:458文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む