0629webinar_aoki
 印刷 2022年05月30日デイリー版2面

乾汽船、外航黒字97億円、今期、上振れ余地も

 乾汽船は27日に機関投資家向け決算説明会を開き、今期の外航海運事業の営業利益が前期比19%減の97億円になりそうだと明らかにした。「高騰している市況が年度後半に落ち着く」(乾康之社長)ことが主因。ただ、「慎重で保守的な見通し」(同)となっているため、収支が上振れる余地もありそうだ。乾社長は、外航海運事業の運営方針について「アップサイドを目指せるエクスポージャー(収益が市況変動にさらされる部… 続きはログインしてください。

残り:629文字/全文:821文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む