Rightship webiner
 印刷 2022年05月30日デイリー版2面

船員部会、技量向上へ教育を。知床観光船事故受け議論

 国土交通省海事局は27日、交通政策審議会(国交相の諮問機関)の海事分科会船員部会をウェブ会議形式で開いた。4月に北海道・知床半島沖で乗客乗員26人を乗せた観光船「KAZU I」(カズワン)が沈没した事故についても議論。委員からは、旅客輸送を担う小型船(20トン未満)の船員に対する資格要件に関する指摘や、技量向上につながる教育を求める声などが出た。全日本海員組合の平岡英彦中央執行委員は「事故… 続きはログインしてください。

残り:535文字/全文:726文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む