ドローンの利活用の現状-想定される海事業界への影響の考察-
 印刷 2022年05月27日デイリー版2面

MariTech 海事未来図】トラフィグラ、供給網の炭素排出を可視化。パランティアと開発へ

 シンガポールの大手資源商社トラフィグラは24日、データ解析などを手掛ける米パランティア・テクノロジーズと、コモディティー(商品)のサプライチェーン上の炭素排出量を算出するプラットフォームを共同で開発すると発表した。関係者の知見を持ち寄り、原油や石油製品、鉱物資源などのサプライチェーン全体からのGHG(温室効果ガス)排出量の可視化を目指す。コンソーシアム方式のアプローチを採用し、コモディティ… 続きはログインしてください。

残り:410文字/全文:603文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む