ドローンの利活用の現状-想定される海事業界への影響の考察-
 印刷 2022年05月25日デイリー版2面

マースク研究所、「リスクを取り挑戦を」。ウグラ会長、海運の脱炭素化へ

 デンマークの海運大手APモラー・マースクグループの提唱で設立されたマースクゼロカーボンシッピング研究所(The Maersk Mc-Kinney Moller Center for Zero Carbon Shipping)が17日に開所式を開催した。同研究所に資金を拠出するAPモラー財団のアネ・マースク・マッキニー・ウグラ会長は「脱炭素への道を切り開くために、協力して、かつリスクを取り挑戦して… 続きはログインしてください。

残り:573文字/全文:771文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む