ドローンの利活用の現状-想定される海事業界への影響の考察-
 印刷 2022年05月25日デイリー版1面

北米向けコンテナ、4月単月 過去最多。労使交渉備え、在庫確保

 日本海事センターがまとめた4月のアジア18カ国・地域発米国向け往航(北米東航)のコンテナ輸送量は前年同月比12%増の197・8万TEUと、4月単月では過去最多を記録した。中国積みが2カ月ぶりに100万TEUを超え、全体では200万TEUに迫る高水準の荷動きとなった。同センターによると、米国景気が堅調だったのに加え、米西岸港湾の労使交渉に備えて在庫を確保する動きが見られた。米国の輸入需要が強… 続きはログインしてください。

残り:1064文字/全文:1259文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む