ドローンの利活用の現状-想定される海事業界への影響の考察-
 印刷 2022年05月23日デイリー版2面

国内船主の今】(314)「天ぷら発注」の功罪。日本船主の二極化、高まるリスク

 11日午前、都心のオフィスで香港の大手ドライバルク船社パシフィック・ベイスン(PB)のマーティン・フルアガードCEO(最高経営責任者)が取材に応じていた。■PBの戦略 PBの戦略と言えば「市況が低迷している時でも自社船に一定の投資を継続する」というものがある。この徹底したポリシーが日本船主の信頼を勝ち得てきた。実際、「昨年も中古船12隻を取得した。競争力のある保有船が当社の収益力… 続きはログインしてください。

残り:1525文字/全文:1713文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む