印刷 2022年05月19日デイリー版3面

バングラ・チッタゴン港湾局、輸入LCLにパレット義務化

 韓国船社HMMの発表によると、バングラデシュ・チッタゴン港向けの全てのLCL(海上混載)貨物に対し、来月2日からパレットの使用とシッピングマークの添付が義務化されることが明らかになった。違反した場合、チッタゴン港湾局(CPA)の指導により、関係当局より罰則が科せられるため、同社は注意を呼び掛けている。FCL(コンテナ単位)輸送の場合、ドラム缶に入った化学品など、コンテナ内にパレタイズする必… 続きはログインしてください。

残り:118文字/全文:234文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む