0629webinar_aoki
 印刷 2022年05月19日デイリー版3面

日立物流、輸配送PFで3件目の特許

 日立物流は16日、輸配送デジタルプラットフォーム(PF)「SSCV」の一つで安全運行管理を支援する「SSCV―Safety」(以下セーフティー)に関する特許を取得したと発表した。セーフティーに関する特許取得は3件目。

 今回は管理者への事故リスク通知機能で、必要な事象だけを通知するためのロジックが2月15日、「管理支援システム」として登録された。軽度の注意喚起レベルでは管理者には通知されず、事故リスクが高く、危険と判断されたときだけに通知する仕組みとなっている。

 これまでセーフティーに関しては、高速道か一般道かを加味して車両走行情報とドライバーの体調情報をクラウドサーバーで解析する技術、ドライブレコーダーから切り出した動画とともに管理者に事故リスクを通知する技術で2020年に特許を取得している。