0629webinar_aoki
 印刷 2022年05月19日デイリー版3面

ゼンポート、貿易書類管理を効率化。画像・データを関連付け

 貿易管理プラットフォーム(PF)を開発・運営するZenport(ゼンポート、太田文行代表取締役)はこのほど、PDFなどの貿易書類をPF上で効率的に管理するための専用アプリ「ZenBox」をリリースした。富士フイルムビジネスイノベーション(富士フイルムBI)が提供する、文書管理ソフト「DocuWorksDesk」と連携。紙書類のスキャン画像やPDFなどと、エクセルなどのデータファイルを関連付け、案件別に効率的に管理できるようにした。

 ゼンポートは、輸出入者やフォワーダーなどの貿易関係者が、オンラインで貿易情報を管理できるPFを提供している。輸入者からの発注情報、フォワーダーからの船積み情報など、貿易関係者が個別に抱えるデータをゼンポートのPFが自動的に取り込み、統合。関係者が貿易に関する情報をPF上で共有することで、貿易業務を円滑化する。

 コロナ禍でリモートワークが拡大する中、オンラインでの情報共有がこれまで以上に求められている。産業界全体でデジタル化が進む一方で、貿易業務では依然として、ファクスや紙でのやりとりも残る。これら書類をPDFや画像データとして取り込み管理する企業もあるが、画像として取り込まれた書類は、文書内の情報が構造化されていないため、船積み情報など構造化されたデータとの関連付けが難しく、管理が煩雑になっていた。

 ゼンポートはこのほど、富士フイルムBIのDocuWorksDeskとZenportをつなぐアプリZenBoxを開発。輸出者やフォワーダーなどから紙文章を含むさまざまな形式でアップロードされた電子書類を、輸入者はZenBoxと連携したDocuWorksDeskを通じて船積み案件ごとに簡便に整理・格納することができる。

 ゼンポートの太田社長は「貿易業務ではさまざまな電子化プロジェクトが進んでいるが、関係者が多いこともあり、電子化は急速には進展しないとみている。完全な電子化と、現段階の部分的な電子化の間をつなぐソリューションとして、ZenBoxは有効だ」とメリットを強調した。

 書類管理の効率化により、現場の負担減や、大幅な省人化が可能になるほか、今年1月に施行された改正電子帳簿保存法にも適切に対応できる。