印刷 2022年05月18日デイリー版1面

名村造船所、40型BC2隻受注。浅喫水新型EEDI3、メドウェーと初取引

 情報筋によると、名村造船所はギリシャのオーナー・オペレーター(船主兼運航船社)であるメドウェー・シッピングから、4万重量トン型(40型)バルカー2隻の受注を決めた模様だ。納期は2024年半ば。グループ会社の函館どつくと共同開発した新造船燃費規制「EEDI(エネルギー効率設計指標)フェーズ3」対応の新デザインになる。燃費性能に加えて、幅広い港湾に寄港可能な浅喫水型など汎用(はんよう)性の高い仕様が… 続きはログインしてください。

残り:697文字/全文:889文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む