NX
 印刷 2022年05月16日デイリー版1面

期末決算を読む】(1)商船三井、定航除く経常益も高水準

 商船三井の2022年3月期の連結経常利益は、前の期比5・4倍の7217億円となった。08年3月期の3022億円を大幅に上回り、14期ぶりに過去最高益を更新した。最大のけん引役は、歴史的な好業績を計上したコンテナ船事業である。旺盛な荷動きが継続する中で、サプライチェーン全体の混乱が解消されず、需給が逼迫(ひっぱく)。短期運賃市況が高騰し、利益が拡大した。その結果、営業外収益に計上される… 続きはログインしてください。

残り:1614文字/全文:1806文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む