NX
 印刷 2022年05月13日デイリー版1面

SOY2021、川重建造の液化水素船。日本の水素普及へ前進

 日本船舶海洋工学会は12日、川崎重工業が建造した世界初の液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」(タンク容量1250立方メートル)を「シップ・オブ・ザ・イヤー2021」(SOY2021)に選定したと発表した。同船は2月にオーストラリアからのブルー水素の運搬に成功し、今後の大型船の建造計画を大きく前進させた。海外から安価な水素を安全かつ安定的に調達することを可能とし、日本の水素利用の普及促進と水素価… 続きはログインしてください。

残り:591文字/全文:787文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む