NX
 印刷 2022年05月13日デイリー版2面

22年3月期】三菱重工、1―3月期5隻成約。受注残フェリーなど16隻

 三菱重工業が12日発表した2022年3月期連結決算(国際会計基準)は、商船の造船事業を含むプラント・インフラ(P・I)ドメインの事業損益が236億円の黒字に転換した。前の期は102億円の赤字だった。新造船受注は4―12月期の5隻に続き、1―3月期に5隻を成約した。受注船10隻の船種は明らかにしていない。受注残はフェリーなど16隻となっている。同ドメインの売上高に相当する売上収益は前の期比2… 続きはログインしてください。

残り:170文字/全文:337文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む