印刷 2022年05月12日デイリー版2面

22年3月期】内海造船、最終黒字に転換。新造船10隻受注

 内海造船が11日発表した2022年3月期連結決算は、最終損益が1億4300万円の黒字に転換した。前の期は9億7100万円の赤字で、通期の最終赤字は14年3月期以来7年ぶりだった。資機材価格の上昇で既受注船の採算が悪化するなど事業環境は厳しいが、前の期に特に多かった収益性の低い新造船の売り上げ計上が減ったことが寄与した。新造船受注は4―12月期の8隻に続き、1―3月期に2隻を成約。計10隻の船種は… 続きはログインしてください。

残り:301文字/全文:501文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む