印刷 2022年05月12日デイリー版2面

22年3月期】日立造船、営業益1%増。機械部門など固定費削減

 日立造船が11日発表した2022年3月期連結決算は、営業利益が前の期比1%増の155億円だった。舶用原動機などを含む機械・インフラ部門と環境部門は工事コストや固定費の削減が進んだものの若干の減益にとどまり、その他部門が増益だった。経常利益は横ばいの117億円。純利益はドイツ企業の連結子会社化に伴う負ののれん発生益37億円を特別利益に計上したことなどにより、86%増の78億円だった。売… 続きはログインしてください。

残り:188文字/全文:374文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む