印刷 2022年05月12日デイリー版5面

研究者の論点 日本海運経済学会】(4)近畿大学経営学部教授・髙橋愛典、流通科学大学商学部准教授・田中康仁。琵琶湖の離島の生活とコロナ禍、人々の生活も研究テーマに

 当学会の表看板はもちろん海運であるが、研究はそれにとどまらない。航空を含めた国際交通・物流全般、さらには海・空双方の離島航路や、その先にある人々の生活もテーマである。筆者らは、琵琶湖に浮かぶ有人離島である沖島(滋賀県近江八幡市)で数回調査を実施し、その成果を当学会で報告してきた。沖島は2013年の離島振興法改正以来、法制度上もれっきとした「離島」に認定され、離島振興計画も策定されている。沖… 続きはログインしてください。

残り:884文字/全文:1079文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む