NX
 印刷 2022年05月12日別版特集3面

海上保安庁特集】無人航空機 運用開始へ。22年度予算、補正含め2618億円

 海上保安庁は重大事案の発生が続く厳しい国際情勢に対応するため、2022年度予算で2231億円、21年度補正予算で388億円の計2618億円を確保した。この中には、同庁として初めて導入する24時間以上の海洋監視が可能となる無操縦者航空機関連の費用も含まれる。海上自衛隊八戸航空基地(青森県八戸市)を拠点とすることで調整を進めており、10月中に1機での運用開始を目指している。日本の領海警備が重要… 続きはログインしてください。

残り:2127文字/全文:2322文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む