印刷 2022年05月11日デイリー版2面

赤阪鉄工所 通期予想、最終黒字1億8500万円に。配当は年30円を継続

 赤阪鉄工所は6日、2022年3月期単独業績予想の利益項目を上方修正し、最終損益が1億8500万円の黒字(昨年5月の前回予想は2200万円の黒字)になりそうだと発表した。前の期は2億3400万円の赤字だった。コスト削減や、助成金収入による営業外収益拡大などを反映。ロシアに対する各国の経済制裁でロシア向け主機関の納入が不透明となり、特別損失に棚卸し資産評価損4300万円、特別利益に投資有価証券売却益… 続きはログインしてください。

残り:298文字/全文:496文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む