印刷 2022年05月10日デイリー版3面

NCA、2期連続 過去最高益。今期は経常益620億円

 日本郵船が9日発表した2022年3月期連結決算によると、日本貨物航空(NCA)の経常利益は前の期比2・2倍の740億円と過去最高益を更新した。最高益を更新するのは2期連続。国際旅客便の運休・減便による供給減に航空貨物の荷動きの好調が加わり需給が逼迫(ひっぱく)したことで、通年で運賃が高水準で推移した。23年3月期の経常利益は運賃の軟化で16%減の620億円を予想する。22年3月期のNCAの… 続きはログインしてください。

残り:430文字/全文:623文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む