印刷 2022年05月09日デイリー版4面

語録採録】商船三井社長・橋本剛さん、マクロ経済と現場とで乖離

 「マクロ経済的な見方と現場とで、明らかな乖離(かいり)が生じている」 今後、世界経済は徐々に減速し、荷動きも冷え込むと予想されている。一方で、コンテナ船の現場からは「輸送需要は極めて好調で、しばらくは好調が続くとの見方が支配的」だという。「今年度後半には景気減速の影響が出てくるだろう。ただ、物流混乱からの脱却にもう少し手間どり、運賃高止まりの状況が続き、損益の減速するスピードが想定より… 続きはログインしてください。

残り:120文字/全文:237文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む