印刷 2022年05月09日デイリー版4面

記者の視点/有村智成】上海でのロックダウン、関西物流にも影響 色濃く

 新型コロナウイルス感染症問題による中国・上海市のロックダウン(都市封鎖)は、世界のサプライチェーン混乱に新たな変数をもたらした。関西でも阪神港(神戸港、大阪港)の輸入コンテナ取り扱いに影響が出ている。どのような形でロックダウンが解除されるのか予想も難しく、荷主企業や物流関係者も対処しようにも打つ手が限られるのが実情ではないか。    ◇ 関西で取材していると、3月に入り物流関係者から中… 続きはログインしてください。

残り:1109文字/全文:1300文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む