印刷 2022年04月21日デイリー版4面

語録採録】日本内航海運組合総連合会会長・栗林宏𠮷さん、新体制移行、業界発展に期待

 「事務局体制なども変わり、装いも新たに新しい時代へ向かっていける」 昨年8月で活動の柱だった暫定措置事業が終了。4月から新たな物流団体としての活動が始まった。同じタイミングで改正船員法、改正内航海運業法などが施行。業界として船員の働き方改革や取引環境改善、生産性向上への対応が求められる。「世の中も急激に変わっている。内航総連として新しいことをどんどん取り入れ、内航業界が持続的に発… 続きはログインしてください。

残り:115文字/全文:226文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む