0629webinar_aoki
 印刷 2022年02月21日別版特集7面

海賊対策特集】第39 次ソマリア周辺海域派遣捜査隊隊長・三谷聡史海上保安官(3等海上保安監)、警戒監視で抑止力。各国軍と訓練重ねる

 ――派遣概要は。「第39次ソマリア周辺海域派遣捜査隊として、海上保安官8人が護衛艦『ゆうぎり』に乗艦し、2021年6月5日に神奈川県横須賀市から出国。同年12月19日に帰国し、派遣期間は198日間に及んだ。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、各寄港地で一切の上陸ができなかった」 ――どのような任務だったのか。「ソマリア沖アデン湾に派遣される海上自衛隊の護衛艦には、海賊事案発生時に司… 続きはログインしてください。

残り:865文字/全文:1057文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む