0629webinar_aoki
 印刷 2022年01月25日デイリー版2面

NSY、アテネ事務所を今年前半設立へ。欧州の拠点に

 今治造船とジャパンマリンユナイテッド(JMU)の営業・設計合弁会社、日本シップヤード(NSY)は今年前半をめどに、新たな欧州の営業拠点としてギリシャの首都アテネに事務所を設立する。

 ギリシャ船主は英ロンドンにチャータリングの拠点を置いているケースが多いが、近年はデジタル技術の進展などにより、本社機能をアテネに戻す船主も増えていた。NSYはこうした動きに対応し、現地に事務所を構えてギリシャ向けの営業を強化する考えとみられる。

 今治造船が18日、同社のアムステルダム事務所(オランダ)を昨年12月に閉鎖し、「NSYアテネ事務所(仮称)」の設立準備を進めていると発表した。

 欧州の新造船の営業拠点としては現在、JMUがロンドンに現地法人を置いている。