印刷 2022年01月25日デイリー版1面

近海貨物船、邦船オペ「新造を検討」。バイオマス燃料など、東南ア積み高止まり

 近海貨物船の復航(東南アジア積み―日本揚げ)トレードの船腹需給にタイト感が続いている。日本向けバイオマス発電燃料の増勢を追い風に、復航のスポット用船市況は日建て1万5000ドル前後と新鋭船の採算ラインの2倍近い高水準を維持。邦船オペレーター(運航船社)関係者は「復航トレードは需給逼迫(ひっぱく)が長期化する可能性がある」と指摘し、「バイオマス燃料には期間10年以上のCOA(数量輸送契約)もあるこ… 続きはログインしてください。

残り:644文字/全文:836文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む