NX
 印刷 2022年01月21日デイリー版1面

Wニューズ、北極航路 開通せず。昨年の冷夏が影響

 ウェザーニューズは20日、同社のグローバルアイスセンターが取りまとめた、2021年の北極海の海氷に関する状況報告を発表した。昨年7月の北極海は冷夏傾向で海氷の融解が進まなかったため、年間最小海氷域面積は過去7年間で最大となる461万平方キロメートルとなった。こうした影響を受け、北極航路の北東(ロシア側)・北西(カナダ側)の両航路は開通しなかった。北東航路が開通しなかったのは、09年以来12年ぶり… 続きはログインしてください。

残り:414文字/全文:610文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む