NX
 印刷 2022年01月20日デイリー版1面

新型コロナ】国内修繕ヤード、代替需要 引き合い増。中国、入渠制限強化か

 国内修繕ヤードへの入渠工事の引き合いが昨年末から一段と増えている。世界最大の船舶修繕拠点である中国のドックが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で入渠の制限を強化。ドック入り前に60日間の洋上待機を強いられるケースも出ている模様だ。中国の滞船の深刻化で日本の修繕ヤードの代替需要が強まっている。2022年はオミクロン型の感染拡大で中国や東南アジアのドックの稼働安定化が見通しづらい中、バラスト水… 続きはログインしてください。

残り:1189文字/全文:1386文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む