印刷 2022年01月18日デイリー版3面

IATA11月集計、貨物需要の伸び半減。マンパワー不足で

 IATA(国際航空運送協会)が公表した2021年11月の航空貨物輸送実績によると、総貨物トンキロ(CTK)は新型コロナウイルス禍前の19年11月比3・7%増だった。伸び率は前月から半減。年末の駆け込み需要で悪化したバックログ(滞貨)の対応などで主要空港のマンパワーが不足し、サプライチェーン(SC)の混乱を招いた。航空貨物市場は、米国や中国の小売売上高が引き続き好調だった。米国は19年同月の… 続きはログインしてください。

残り:482文字/全文:671文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む