NX
 印刷 2022年01月18日デイリー版2面

内航総連栗林会長、バイオ燃料活用に期待。研究にも参加の意欲示す

 日本内航海運組合総連合会の栗林宏𠮷会長=写真=は14日の理事会後の会見で、昨年12月に国土交通省が策定した「内航カーボンニュートラル(CN)推進に向けた検討会」の取りまとめに言及した。「(既存船での省エネ・省CO2〈二酸化炭素〉の取り組みとして)バイオ燃料の活用に触れていた。現在の内航船の主要船型からすると、燃料を根本から取り換えることは厳しそうで、バイオ燃料を多く使って乗り切れればという声もあ… 続きはログインしてください。

残り:692文字/全文:888文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む