最新版_2022年の海上コンテナ輸送(満員御礼)
 印刷 2022年01月17日デイリー版1面

NSY・名村、LNG焚きケープ建造。受注拡大の口火に。180型も開発着手か

 日本シップヤード(NSY)と名村造船所が今回、日本郵船からLNG(液化天然ガス)燃料焚(だ)きケープサイズバルカーの受注を決めたことは、両社が同船種の建造を拡大する口火になりそうだ。今回の郵船の新造船は先行発注で、投入先は国内鉄鋼ミル向けとは限らない。こうした案件で日本造船所が中国ヤードと競合し、船価差を縮めて受注を内定したことは、国内外での同船種の新造案件獲得の足掛かりになり得る。NSYと名村… 続きはログインしてください。

残り:1209文字/全文:1403文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む