0629webinar_aoki
 印刷 2022年01月14日デイリー版3面

大阪港湾局、夢洲待機場を月末供用。コンテナ車両の渋滞解消、万博対策も

 【関西】大阪港湾局は大阪港・夢洲地区の渋滞解消を目指し、31日から同地区内に新たなコンテナ車整理場(待機場)を供用開始する。夢洲コンテナターミナル(DICT)が入る同地区では、かねてコンテナ車両の渋滞解消が課題で、約160台が待機可能な待機場を確保し物流の円滑化を図る。整理場は夢洲と舞洲を結ぶ夢舞大橋の夢洲方西側に設ける。利用対象はDICTで空コンテナや実入りコンテナを搬出入する車両で、待… 続きはログインしてください。

残り:553文字/全文:746文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む