印刷 2022年01月13日デイリー版4面

マリネックス、最新鋭冷凍ウイングトレーラー 通算導入100台に

 SHKライングループで海陸一貫輸送を担うマリネックス(本社・大阪市北区、能戸昇志社長)は7日、日本トレクス製の最新鋭冷凍ウイングトレーラーの導入数が通算100台に達したと発表した。導入した冷凍ウイングトレーラーには、次世代の断熱パネル「パネクト」が採用されている。パネル構造の軽量化により、最大積載量は13メートル2軸車で20トン、13メートル3軸車で25・1トンに拡大した。パネル内の… 続きはログインしてください。

残り:209文字/全文:401文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む